郵便局で弔電を送る

 インターネットや電話での電報に比べるとあまり知られていませんが、郵便局でも弔電などの電報は受け付けています。郵便局での電報を利用する方法は、コールセンターに電話する、インターネットから申し込む、窓口から申し込む、の3つです。

 電話越しやインターネットで申し込むのは不安だと考えている方は、窓口から申し込むと良いでしょう。その場合、電報に用いる台紙も実物を確認しながら選ぶことができるため、より安心できるでしょう。
 郵便局を利用する電報の利点は、手書きの文字が送れる、文字数にかかわらず料金が一定である、弔電と一緒に供花や香典も送ることができるというものがあります。

 手書きの文字は、活字よりも心がこもっている印象を与えられます。文字数によって金額が変わらないため、文字数を気にせず思いを伝えることができます。

 事前に斎場の規則を確認しておく必要がありますが、弔電と一緒に供花や香典を送ることで、葬儀に参列できなくても、お悔やみの気持ちをより深く伝えることができます。数ある電報サービスの中でも、多くの利点があり信頼もできるため、弔電を打つ際は一度郵便局を利用してはいかがでしょうか。